マレーシアはマラッカの続きです。マグネットはこちら。


『サンチャゴ砦(ア・ファモサ)』のマグネットです。


マラッカの教会からとても近くにあるファモサ要塞。別名、サンチャゴ砦。

1511年、オランダとの戦いに備えるため、
マラッカを支配していたポルトガルによって造られた砦です。
大砲もありました。

マラッカに着いてすぐのランチは『古城鶏飯粒店』へ
 

店内
 

チキンライスを頂きました。
 
マラッカのチキンライスは米がボールになっています。

個人的にはライスはボールじゃない方が好きです。
おにぎりなら良いのですが、少し柔らかいお米なので
チキンが食べにくかったっす。

お腹いっぱいになったところでカフェへピットイン。


歩き疲れてこのカフェで休みました。
欧米人で満席。
私はマンゴタンゴという飲み物をオーダー。


『セントポール教会(St.Paul's Church)』

歴史を感じさせますね。

ポルトガル人がキリスト教布教の拠点として
1521年に礼拝堂を築きました。

中へ入ってみました。
 
1590年に再建したのですが、要塞となり英国に壊されてしまったそうです。

 
この石碑の並びが冷ややかで、なんだかぞっとしました。

フランシスコザビエルの像が。。。
 
なんとザビエルはこの地から日本へ向かったのだそうです。
ザビエルの遺骨は、ここに9ヶ月安置された後、インドのゴアへ移送。

セントポール教会は丘の上にあります。

帰りの下りは夕陽をいっぱい浴びて。