イタリアはコロッセオのマグネット。

ご当地マグネット


陶器でできた素敵なマグネットです。
 
これは結構好き。

2010年に行ったローマ・ミラノ・バチカンの旅、
Classic編となります。


3日目、一日観光です。
西暦80年に建てられたコロッセオへ。


当時、競技場だった場所。

5万人を収容できた大きな箱です。


ここで行われていたのはなんと
人と猛獣や、猛獣と猛獣の戦い。


ここで数千人の剣闘士や猛獣たちが命を落としたのだそう。


コロッセオ内部。



小部屋になっているところには猛獣の檻だったそうです。

人間たちの娯楽のために、そんな多くの犠牲があったなんて。
コロッセオ内に居ると、とても悲しい気持ちになりました。

人間が一番恐ろしいですね。。。
ここで一枚だけ夜のver.も挟ませて下さい。


コロッセオの後はフォロ・ロマーノへ。


紀元前6世紀から293年にかけて、
国家の政治・経済の中心地であった場所です。

アントニヌス・ピウスとファウスティナ神殿



古代遺跡をこんなに間近に見ることができるなんて
本当に感動です。

サートゥルヌス神殿

映画とか歴史では
なんとなくローマ帝国って聞いていたけど
こうして遺跡を見ると
本当に存在したんだなーと実感。

ってか、紀元前6世紀とか
もーよく分からん!!

2000年前って、何?
そんな前に、すでにこんな高度な建築技術持ってたの?

発掘した人たちもすごいけど。

本物を見ながら歴史を学ぶと
自然に体に入ってくるなーと思いました。