2009年9月後半に
ニュージーランドのワイトモという場所に行きました。

その時のマグネットはこちら。

うーんと、これしかなかったからねぇ、仕方なかったのよね。w


さて、2009年9月19日から20日の旅行記となります。

9月19日8:00am:シティのバスターミナル
 
日本人のツアー客が他に2組いました。
彼らはロトルアまで行くとのことで、私たちも行き先が同じなら
ついでに日本人ガイドサービスに便乗して良いと言われたのだけど
その中間のワイトモで下車しちゃう私たちは、残念ながらガイドなし。

でもきっと私たちがバス会社に払った金額は彼らの10分の1だから良いもん!

これが今回乗車したバス。
 

 途中、トイレ休憩が2度入りました。
 
時間がもう少し遅かったら、ここでは生牡蠣が食べられたそうです。

OTOROHANGA
 
ここまで来るとあと10分くらい。

11:30am:ワイトモケーブに到着!
 

ホテルに行くには、ちょっとした小道を登って行かないといけません。
 
これが坂と階段なので、結構きつい。
一度外出してしまうと、中々ホテルには戻りたくなくなる。

今回のお宿はワイトモケーブスホテル。一泊89ドルと格安。
 
コロニアルスタイルのホテル。

1908年建造されたもので、ワイトモ唯一の「ホテル」です。
 
部屋はエコノミークラスからヴィクトリアンルームにアップグレードしてもらっちゃいました。

30ドル得をしたことになりますが、古い建物なので
風はピューピューで夜は寒いし
冷蔵庫は臭いし、ベッドやタオルは汚らしいし微妙でした。
やっぱり新しいホテルの方が好き。

荷物を置いて、まずは洞窟探検の予約をしに行きましたよ。

旅行と言えば、i-site(アイサイト)。
ここで、ワイトモケーブとルアクリケーブ探検のコンボセットを予約。(78ドル)
2日前までにネットから予約すると10%オフになります。
私たちは1日前だったので、間に合いませんでした。
ワイトモケーブとルアクリケーブには石灰石の形成物や
光る土ボタルなど神秘的な観光地として知られています。

その後は、腹ごしらえ@HUHU Cafe


こちらは店内です。
 

スモークサーモンとクマラのコロッケとデザート!
 
ここは意外にもニュージーランドで100位内に入る名店らしいです。
なるほど、味も良かったですよ。


こっからやっと観光です。
『ルアクリ洞窟』(RUAKURI)から。
400~500年前にマオリ族によって発見されて、
1904年から一般公開されていたこの洞窟は、15年程前に閉鎖していたのですが
2004年頃から、一般向けにまたオープンされるようになったそうです。

ワイトモには幾つか洞窟があるのですが、このルアクリが一番長い洞窟。
洞窟の中は鍾乳洞となっており、土ホタルが居ます。

ルアクリ洞窟の中を1時間半ほどかけて歩きます。入り口。

あ、これは人工です。w

こんなところをぐるぐるとひたすら降ります。
 
未来への階段?的な?

タイムトンネルを抜け洞窟に入ると。。。

いきなり、これ。
 
すごいでしょ。
氷のつららのように見えるのは石灰石です。主成分は炭酸カルシウム。

これはカーテンと呼ばれてるって言ってたかな。
 
全て『水』によって造られたもの。
この形になるまで、何千年もかかっているのだそう。
めちゃくちゃ神秘的です。

この10cmの長さが造られるのに数百年かかるんだって。

 これは人間は絶対に触ってはいけません。
人間の手の脂がつくと、成長が止まっちゃうの。

こちらの糸のように見えるのは、土ボタルの幼虫が垂らしているものです。

自然が造る芸術ですね。

写真撮影は禁止でしたが、土ボタルがピカピカ光ってるのもちゃんと見ることができました。
ほんと、感動です。
見に来て良かった♪

その後はスポーツバー「Curley」で休憩。
 

ワイカトドラフトをごくごく。
 

ほろ酔い気分で、「Outlook」をお散歩。
 

雨上がりの道はスリッピーでちょっと怖かったです。
写真に写ってる女性と頂上で暫くご歓談。
彼女はイギリスから来ていて、3週間かけてNZをまわるのだそう。
イギリスは人も街も暗いから、オセアニアに住みたいって言ってた。

この後、少しホテルで休憩してからまた「Curley」へ出向いて夕飯。
 

その帰り道、街灯1つない真っ暗な道を歩いて帰ったら
空に満点の☆☆☆。
360度の星とミルキーウェイに感動しながらホテルへ戻ったのでした。
でも洞窟探検も星も上向いて歩くから、肩凝った。

1日目の土ホタルと星のキラキラ神秘的体験終了。

2日目、今回の一番のお楽しみワイトモケーブへ。
 

日本に居る方には分かりませんよね。
ここの目玉は土ボタルの光と鍾乳洞や石灰石なんです。

入り口。
 

土ボタルは、その名の通り、蛍なのかと思ったら、蚊とかハエの一種なのだそう。
成虫はこんな感じ。

 
グ、グロい。


光ってるのは成虫になってからではなく、幼虫の時期なのだそう。
成虫になると口がなくなるので、ただ子供を産んで2~3日で死んでしまうんだって。

土ボタルを見る時はこのようなボートに乗ります。
 

このボートに乗っている時は一切私語は厳禁。もちろん撮影もNG。


息を殺してみるその幻想的な光は,本当にきれいでした。
土ボタルは青く光っていました。

183c40a1.jpg

写真はお借りしたものですが
本当にこんな感じ。すごく素敵だったなー。


その後はHUHU Cafeでホットチョコ。
 
甘いもの取ると疲れとれるよね。

バスが来るまで時間があったので、近くのアンゴラショップへ。
 

あれ?本物のうさぎが居る。
 
おまえさん、随分もこもこしてるな。

タイミングよくうさぎの毛刈りをするというので見学。

ぎゃ、虐待!?!?
足を結ばれてるのが、ちょっとかわいそう。

後ろ足も。。。ピーーーーン!
 
あーー早く終わるといいねー。
頑張れ!

くるりんぱ!

あーーーれーーー

半分刈られた状態で放置されるうさぎ。

ちょっと可哀想だったけど、思わず笑ってしまったショーでした。

ようやくバスに乗車。(12:30のはずが11:50にはピックアップされた。早っ)
すぐに『Big Apple Cafe』でランチタイム。
 

夫はハンバーガーで・・・
 

私はフィッシュバーガー
 

ここではフレッシュな果物や野菜も買えるんです。
 

我が家はゴールデンKiwiを購入!15個くらいあって3ドルと激安でした。
 
17時に到着予定だったバスはなんと15時半にオークランドに到着。


お客さんが6名しか居なかったかららしいけど
なんか予定をすっ飛ばしたんじゃないかと心配。

まーお陰で快適な旅だったので良しとします。
ニュージーランドの良い想い出になりました。