カンボジアはアンコールワットのご当地マグネット。

そのまんま、アンコールワットのデザインです。

ゴテゴテしいマグネットばかり見てきたところに
こんな素敵なものが出てきちゃったので
4ドルもしたのに、ついつい買っちゃったよね。w

旅行記の続きです。

昔、電波少年で「アンコールワットへの道」と題して
カンボジアの道を舗装するっていう企画をやっていたよね。
あの絵のイメージが強くて、未開の地であるカンボジアに行くってのは
結構なチャレンジだと思っていた。
実際は全然そんなことなく、何事もスムーズで比較的快適な旅だった。

さ。本題へ。
今回のメインイベント、アンコールワット観光です。

西参道正面から入り、西塔門をくぐると
アンコールワットの中心部が見えてきます。

テンション上がる。

近づくにつれてその威厳を感じずにはいられない。

感動しちゃう。


ずんずん中に進み、中央祠堂へ向かう。
めちゃくちゃ急な階段を登らねばなりません。



上から見るとこんな感じ。

みんなしっかり手すりにつかまって降りてる。w

息を切らしながら中央塔を眺める。

アンコールワットって、近くより遠くから見た方が良いのかな?w

ほらっ。

でも12世紀の遺跡に触れることができるなんてすごいことだ。

実は他にも理由があって…
カンボジア紙幣がたくさん余ってたから。

カンボジアでは基本米ドルを使用できるのだけど
お釣りは、カンボジアリエルで来る。
お釣りだから、金額が小さいので何も買えない。

仕方なくお財布に貯めていく。

という流れで、最後の空港でお釣りだけで
1ドル分できていて(1ドル=4000リエル)
それならマグネットを買おうかな…という気持ちになれたのでした。