名古屋城のしゃちほこマグネットです。
 

名古屋旅のマグネット捕獲も順調です。



名古屋・初日の夜はひつまぶしと決めてました。
『いば昇』さんへ。
 

なんかこの古びた建物が味を出してていい感じ。


結構期待して入店。

予約はできないので、早めに行って待つしかありません。
金曜日18:30現在、外には行列はありませんでしたが、
中で数名待っていて
結局20分くらい待たされましたかね。

事前に調べてもらった情報では
裏原系サイト「ハニカム」内ブログで
梶原由景さんが紹介してたのだそう。

彼は結構グルメなので
チョイスに間違いないだろうということで。

こちらがメニュー。
 
迷わず櫃まぶしをチョイス!


そして10分くらい待って来ました。
 

さっそく頂きます。


感想は…

私は…

ごめんなさい…


あつた蓬莱軒さんの方が好きです。


ってのは、
ご飯がめちゃくちゃ軟らかくて
うなぎの食感とのバランスがあまりよくなくて。

軟らかいってより
べちょべちょレベルで、あんまり美味しくなかったです。
うなぎは最高に美味しいのに
すっごく残念でした。

ちなみに、これがスタンダードなのかな…と思ってたら
隣に座ってた他人のおっちゃんが、
「なんやこれ。ご飯べちゃべちゃやな。よくこれで商売やってられんな」
と言っていて、
逆に20代前半のカップルは
「めっちゃ美味しい~♪幸せ~!!」と叫んでいました。

やはり好みとか
食のバックグラウンドとか
人によって感想は異なるんだよね。

って感じで、若干残念な気持ちに包まれながら、
ホテルへ戻りました。

途中、しゃちほこがピカピカと光っておりました。