名古屋にある犬山城のマグネット。


 手作り感、はんぱないし結構大きめなんですよ。

このマグネットは旅行に行く前から狙ってたものです。


裏には外国人用にローマ字も記載してあります。



お伊勢参りから無事に帰って名古屋に到着。

名古屋・伊勢の旅の最後の晩餐はなぜか台湾料理。
 
すごく賑わっていました。

なんだか本当に台湾のお店のよう。

従業員もみんな中国人だったし。

テーブルの感じとか、店内の飾りとか中国っぽいでしょ?
 
食べたものの感想は駆け足でご紹介します(順不同)。

台湾ちまき
 
美味しいけど普通。よくあるちまき。

手羽先
 
味が濃くて辛い。まーまー。

小袋
 
美味しいけど超辛い。

蒸し鳥
 
 まーまーだけど超辛い。

台湾丼(メニューにはありません。壁に貼ってあります)

とっても美味しい。オススメ。

青菜炒め
 
そこそこ美味しい。頼んだ方が良い。

焼ビーフン

めちゃめちゃ美味しい。オススメ

わたくし、本当は辛い物が大好きなんでございますが
お腹を壊す確率が高いため遠慮がちに頂きました。

これで次の日の観光が台無しになったらアホくさいしね。
ってことで、お腹いっぱいで就寝。


次の日、朝7時に起きて愛知県にある犬山城に向かいました。

駅で犬山城下町きっぷというのを購入!
 

名古屋から犬山までの往復と
犬山城の入場料がセットになったもの。
350円くらいお得!

ということで、いざ犬山城へ。
 



室町時代 の1537年に建てられ、 天守は現存する日本最古の様式。


国宝に指定されています。
 


木曽川のほとりの小高い山の上に建てられた 天守閣からの眺めはまさに絶景。
 

この景色を眼下に、どんな戦略を練ってたのだろう。
 



石落とし??

こっから攻めてきた敵に石をぶつけるんだって。
 
ズコーって感じですね。

ま、それも大事な戦略だったのでしょう。

織田信長の叔父さんは、こんな風に城下町を見てたのかなー。
 

美しい山々。
 

ちなみにこのお城は
ロンブーの淳が観光特使になってます。
 
私も彼が「笑っていいとも!」で
このお城をオススメしてたのを見て知りました。

犬山城を見学して、目の前にあるお土産屋さんへ。

マグネットはこちらのお店で販売しています。
マグネットコレクターの方は行ってみてね。