台北日記もあと残すところ2記事。
こちらは最後から2番目のマグネットです。

普悠瑪列車のもの。
ぷゆまれっしゅって読むんだって。
きゃりーぱみゅぱみゅみたいでちょっとかわいい。
ちなみに、台湾鉄路管理局が運行する特急のことです。

このマグネットの特徴はロープウェイがビヨヨ~ンと浮いてるとこ。

猫空にあるロープウェイのことかしら?
調べてないので不明です。

このマグネットは台北駅構内にある台鉄夢工場で購入。



こちらのおっさんが目印です。

「あ、僕自身も16800元で買えますんで。」


他にも色んなマグネットがありました。
気になる方はチェックしてみてね。


2日目の夜は日本人に人気という明月湯包さんへ。

住所:本店:台北市基隆路二段162-4号、支店:台北市通化街171巷40号
電話番号:本店:(02)2736-7192、支店:(02)2733-8770
営業時間:11:00~14:00、17:00~20:30(両店共通)
休業日:本店:月曜、本店・支店:旧正月から6日間

メニューに日本語の記載もあります。

日本人から圧倒的な人気のあるお店ってことで伺ったのですが、
日本の暦で3連休に行ったのにも関わらず待ち時間0分。


しかも徒歩1分のところに支店もあって
そっちなんて空席がいっぱいでした。
確かにお客さんは日本人しか居なかったけど
本当に人気なのかな?ってちょっと疑った。


毎回やっぱり頼んでしまう空芯菜の炒めもの。



羽付き餃子


しらす炒飯


そして小籠包。

感想は…。
炒飯は冠京華の方が美味しかった。
羽根付き餃子は盛園の方がまちがいなくうまい!

盛園はぱみゅぱみゅのとこね!


小籠包は、かなりあっさりしていて日本人には好きかも。
空芯菜は特別感はありませんでした。

総合評価は、冠京華の方が好きかな。
でもほんとに、こればっかりは好みの問題かと思います。


実はここで別のホテルにチェックイン。
スクートは朝6時くらいのフライトなので
桃園空港近くのホテルを予約したのです。


台北駅から新幹線で桃園に向かいます。

バスだと40分~1時間かかるところ、
新幹線だとたったの20分。

しかもびっくり価格の600円程度。

バスと変わらないやんけーーーー!!!


ちなみに出発時刻のギリギリまでホームには上がれません。

降りる方々優先になります。


そしていよいよ乗り込みます。


日本の新幹線を導入してるんだって。

たしかに見覚えのある感じ。


20分というあっという間の時間で桃園に到着しました。

めちゃくちゃ楽だったな~。次回も新幹線を利用したいと思います。


この後、ホテルにチェックインです。