本日のマグネットは
トルコはイスタンブール、ブルーモスクのマグネットです。
 

これ、実は残念なことに
1本折れてしまっています。
 
その折れた先は元々ありませんでした。

ってのも、
実は前回、
「壊れてるマグネットが残り1個の場合はタダでもらえる」
ということを知っちゃったじゃないすかぁ~。
それに味を占めてしまったわけですよぉ~。
⇒味を占める原因となった理由


で、
このマグネットのお店の方に

「このマグネット、折れてるから新しいのちょーだい!」

と、一か八かで訊いてみたわけですよぉ~。
(ムカつく言い方 )
そしたら案の定、

「それ、残りの1個だから美しいあなたにあげますっ!」

と。

えへへへ。やった!作戦大・成・功☆
折れてるけど、これも旅の思い出さ。

あ、でも1つ嘘つきました。
「美しいあなた」
なんて一言も言ってませんでしたわ。
あは。


イスタンブール旅行記、最終章となります。
※明日、お土産編があるけど。

同じホテルなのに3泊で、違う3部屋に泊まり
小さな小さなソファベッドに寝た
思い出深いフェンディホテルに別れを告げ
空港に向かいます。


エフェンディホテルはこの細道の左奥でした。


スーツケースが倍重くなる石畳をまた歩く。
 


空港到着。


この駅にスーパーマーケットを発見して
最後のお買い物をすることに。
ってのも、スーツケースがスカスカだったのよね。


チップス系を4袋ほどゲット。


ピスタチオのチョコレートも大量購入!
完全にばら撒き系のお菓子ですけど。w

そして約4時間のフライトでドバイまで無事到着。


行きと同様、ドバイでまた10時間のトランジット
実はね、10時間以上のトランジットの場合は
エミレーツ航空が無料でホテルを用意してくれるはずなんです。

ちなみにドバイコネクトというサービスです。


それでわざわざ
10時間以上待つフライトをチョイスしたというのに、
「あなたのチケットは、だめです」
と言われてしまった。

理由は2つ。
①「あなたは一番短いトランジットを選んでいない。」

要するに他に早く乗れる便があるのに
わざわざ待ち時間が10時間以上のフライトを
「私が」選んだからダメってことらしいです。
もうちょっと早く帰れる便って、
それでも7時間とかだよ。変わんないじゃないか!イライラ

②「あなたの支払金額は規定以上ではない」
いくらか忘れちゃったんだけど、
一人○○円以上のチケットでなければ対象外だとか。

これはね、ホームページにも規約にも
載ってない裏ルールらしいです。


「そんな情報どこにあんのさ?」と
旅前にクレーム入れたんだけど
コールスタッフも
「私たちもホームページにその情報を掲載するよう
上にお願いしているのに、載せてくれない」
って逆ギレされておしまい。

コールセンターのスタッフ、
何度かけ直しても外人が出るし(笑)
致し方なく、戦いの舞台から降りて
自腹でホテルを予約しました。とほほ。


Holiday Inn Express Dubai Airport Hotel

中々きれいなホテルでした。

一眠りしてすぐに空港へとんぼ返り。

もう空港に居ました。涙
ドバイ ご当地マグネット アラブ 

早めに行ったのに、なんとディレイ。
 
※一番下の羽田行きです。

仕方ないので適当にお買いものなどして
時間をつぶしてから
ゲートに行ってみると!
 
すでに、搭乗中になってるハズなのに、
誰もいない!

スタッフも、乗客も。。。
旦那と二人で冷や汗

まさか、もう飛んじゃったの??
もしくはゲートが変更になったの?
 
でもちゃんとC43って書いてあるじゃん?

暫くすると、他の日本人夫婦が来て
同じようにワナワナしてた。

そのご夫婦が話しかけてくださって
周りのスタッフに4人で走って訊きてまわりました。

すると、
やっぱりゲートが変更になったんだって。
 

行き先がBasraとかワケわからんとこになってるし
フライトの時間も全然違うし
これじゃ分かるわけないよ。


ところが、ここでもまたトラブル。
システムダウンで、搭乗できないとな。

もう5分の4の乗客は既に機内に入っていて
私たち残り20名ほどが
カウンター前で待ちぼうけくらってました。

更にフライトの時間はおしてしまって、
結局日本に到着したのは23時半すぎ。
入国した時は、すでに電車はもう走っておらず、
最終のバスで帰ったのでした。


まーそんな感じで
大変だったけど
本当に充実した6日間となりました。

ちなみにマグネットは
全部で20個。
大収穫の旅だったな。

       イスタンブール マグネット トルコ   
トルコ、また行きたいです。
でも、ドバイはもういいです。

明日はお土産編~♪