本日のマグネットは、ドイツはベルリンの
色々つまったマグネットです。
 
てんこ盛りver.

ベルリン観光は最後になります。
ハッケシャーホーフ。

ベルリンのサブカルチャーの発信地!

1907年に建てられた建物です。
 
“ホーフ”というのは、建物に囲まれた中庭のこと。

8つの庭を囲むように設計してあって
カフェ、ショップ、映画館や住宅などがあります。
 

建築を勉強している人には
たまらない造りなんだろうな~。
 
歩き疲れていたのもあって
ここではショッピングは一切しませんでした。

そう言えば・・・
クマ以外で有名なのが
この信号機のアンペルマン。
 
信号機の【止】と【歩】がキャラクターになってます。

ベルリン東西統一後、
信号は西側のデザインに変更される予定でしたが、
「アンペルマン救出」の反対運動が起こって
一部ではまだ使用されてるんだって。

専門店もあるくらい有名。
 
実はここで、
【歩】のマグネットを買おうと思ってたのですが
旅行前にそのテンションがおちました。

なぜかと言うと・・・
東京の恵比寿をお散歩してた時のこと。

なんと、アンペルマンショップがあるではないですか!!
 

このせいで
全然アンペルマングッズに興味がなくなりました。
 
グッズも販売されてるようですね。
ベルリンでしか買えないからこそ、欲しいのに…。

ってなワケで入店すらせず
華麗にスルーさせて頂きました。

小腹がすいたのでベルリン最後に
軽くB級グルメを頂きます。
Curry 61

カレーソーセージ(カリーヴルスト/カレーブルスト)です。
 
焼いたソーセージの上に
ケチャップとカレー粉をまぶしただけの単純な料理。

「スパイシー?」と訊かれました。
辛すぎるとお腹を壊すので
ここはお断り。


ちなみにソーセージ2種類から選べます。

私たちはどちらも1個ずつオーダー。
 

ってか、豪快にソースがかかってるから
絵が同じってゆー。

結構好きかも。
ごちそうさまでした。

そして、コインロッカーに預けていた
スーツケースをピックアップし、
空港に向かいます。

ここで「この旅一番!高額商品」のお買い物。
 
この写真で分かるかな?
スーツケースです。

ドイツと言えば、
リモワですよね~。

この空港のWorld Shopでは
ドイツの航空会社ルフトハンザとの
コラボ商品が販売されています。

私が狙っていたのはこちらのスーツケース。

シルバーにブラウンの革が施してあり
最高にかわいい!!

絶対買う!

絶対買う!
絶対買う!

そして、ラッキーなことに、
在庫は全サイズありまして
るんるんしながら♪♪
店内でコロコロ引いてたワケですよ。

んで、ふっと持ってみたら…

お、重い…。

ちーんどよーん・汗
と頭の中で終了のベルが鳴りました。

6キロ弱だって。
6キロなんて、まー普通なのかもしれないけど、
旅行が趣味の私たちとしては致命的。
スーツケース持って階段を登るシーンも
結構あるので。

ってことで、別のコラボ商品にしました。

こちらです!じゃんっ!!

モザイクの向こう側、ちょっと不満げ。www

コラボの証に
ルフトハンザのマークがあります。

これで5万ちょっと。
安い!安すぎるっ!

去年、台湾のリモワで
キャリーオンサイズのサルサエアーを
同じくらいの金額で購入したっけ汗

{9934FAD6-527B-4BB4-A39F-14FC3F3BE60A:01}
台湾は逆に高くついた気がする。

新しいスーツケースも無事に預けて
またまたベルリンから移動しま~す。

電車の遅延などで
1時間ショートし滞在時間が5時間になったベルリン。
しかし、アディダスショップに行けなかったことを除いては
オールミッションクリアです。
やったね。

ベルリン空港。
 

時間があったので最後のドイツビール。
 

何度も言うようですが、
旦那のガソリンですから。

疲れ果ててたはずなのに
ビール飲んだら、ご機嫌になってました。
単純でいいよね。

さて、ベルリンからどこに向かうかって?



どこだと思う?


パリに戻る?


ブッブー!


イタリア?


ブッブー!



答えはポーランドです。
 
クラクフ行。
旅好きの人は、なぜクラクフなのか
お分かりになるかと思いますが。

今回の旅、私が一番に行きたかった場所は
ポーランドなのでした。

クラクフまではこんなプロペラ機。
 
もともと飛行機そんなに好きではない私。
こっ、怖すぎるっ。

プロペラの音が凄すぎて
緊張のフライト。

無事にポーランドに到着するのでしょうか?

続きはまた明日!