マグネットぷっちん★旅行記とご当地マグネット

旅行記とその旅先で購入したマグネットをご紹介。

2013年01月

カンボジアのアンコール・トムはバイヨンのマグネット。


実はこれ、左上がちょっと欠けてるじゃありませんか・・・。涙。

無理して買うんじゃなかった。
コレクターとしてプライドを持って(?)
ちゃんと吟味して買わないとダメだ。w

後悔先に立たず。


アンコールワットの遺跡群の近くにあるお土産屋さんをぷらぷらしていると
四六時中、物売りに声を掛けられます。

ほとんどの場合は無視して
もしくは首を振りながら歩いていれば
なんとか回避できるのですが
ちょっと興味を持つとわらわら物売りが集まってきます。

集まってきた子供たちの数っ!
これ全部物売りですから~!!!

ちなみに真ん中の麦藁帽子にグレーのTシャツを着てるのが私です。w

水色のボーダーの女の子が持っていたマグネットに興味を示したら
色んなところから集まってきちゃいまして。。。

笑うしかなかった。。。

私はちょっと気が弱いのか、
強く勧められると強気で断ることが出来なくて
マグネット買っちゃいました。
そしたら、欠けてたっていう…

カンボジアのアンコール・トムのバイヨンマグネットです。



カンボジアに到着して、一番初めに観光したのがアンコール・トムにあるバイヨン。

 

バイヨンは王と神の都市だったアンコール・トムの中央にあります。


"メール山"という神々の住む聖域と言われていた山をイメージして
つくられたものだそう。

印象的なのは中央祠堂にある観世音菩薩の四面塔です。

こんな顔が50近くあった。w

なので、マグネットも顔がメインのものをチョイスしましたよ。


カンボジアのアンコールワットのマグネットです。

マグネットはまたまたアンコールワットのもの。
こちらも2個で1ドルでした。1個45円くらいなのでいくつでも買えちゃう。

ナイトマーケットで購入。
どのお土産屋さんにも大概置いてあるのですが
全てカゴに入って売られています。

マグネットと言えば、お店の壁とか什器に貼っつけてあるイメージなのですが
カンボジアは小さなカゴに入ってる。
なんでかなぁ?と疑問に思っていたところ
ホテルの冷蔵庫に貼ってみてよーく分かりました。
これね、磁石が小さすぎて、ずるずると下へ落ちていく。
さすがカンボジアクオリティ!

でも文句は言わないで。
なんてったって1つ50円未満だから。。。


旅行記の続きです。
カンボジア2日目。
いよいよアンコールワット遺跡群の観光開始。

見学にはチケットが必要です。
滞在日数にあわせた期間のものを購入するのがオススメ。

1 dayパス $20
3 daysパス $40
1 weekパス $60

私は3泊4日だったので
3 daysパスを購入しました。

3日券を購入したはずが、一週間券になってた。w

金額は3日分だったから私的には全く問題ないのだけど。。。

チケットはシェムリアップの街からアンコールワットに向かう道路沿いにある
ブースで購入します。


表のカウンターは3 daysパスと1週間パス用で

この真裏がデイリーパスとなってます。

ツアーで来ている日本人は
旅行会社からこのパス用のケースがもらえるみたいで
みんなチケットを首から吊るさげてました。

私はツアーではなかったので
現地で購入しようと思ったのですが、残念ながら売ってませんでした。
個人旅行の方は日本で買った方が良いかも。
ちなみにチケットのサイズは横が10cmくらいで縦が7.5cmくらいなので
これから行かれる方は参考になさってください。

カンボジアはアンコールワットのマグネットです。

こちらはナイトマーケットで購入。
2つで1ドルでした。
これはおそらく夕日ver.で、オレンジの部分がブルーの朝日verも売ってましたよ。

ここからは旅行記です。
久々に新しいテーマ【カンボジア】を追加です。

2012年~13年の年末年始、カンボジアへ行ってきました。
目的はアンコールワットに興味があったのは当然として
年末年始で比較的安いフライトだったから。

タイかカンボジアの2択まで選択肢が狭まったところで
せっかくならまだ上陸していない国に行こうということになりました。

我が家は基本ツアーは利用しないので
全部自分たちで計画します。

今回のフライトはコリアンエアで行きました。
●2012年12月31日
KE 2708 羽田12:20→ソウル(金浦国際空港)14:50
KE 687 ソウル(仁川国際空港)18:30→シュムリアップ22:15

●2013年1月3日
KE 664 シュムリアップ22:10→ソウル(仁川国際空港)05:05[1月4日]
ソウル(金浦国際空港)9:00→羽田11:05[1月4日着]

仁川国際空港


金浦国際空港


このチケットの盲点は韓国のトランジットで
仁川国際空港⇔金浦国際空港の移動が発生したこと。
羽田から行けて、安いじゃん!としっかり確認せずに購入しちゃいました。

移動にはバスで40分で1人7000ウォンかかりました。
出国せずに乗り継ぎできれば韓国ウォンも両替しなくて良かったわけだし
極寒の韓国に舞い降りる必要もなかったのになぁ。汗


そしてカンボジアのシュムリアップの空港。

マイナス15度から、35度の国へ。
結論は暑すぎても寒すぎてもやだね。w

拠点になるのはシェムリアップという街です。
今回はもろもろ便利だということで
プリンスダンコールホテルに宿泊しました。

ホテル入り口の門。

シェムリアップのメインストリート、シヴォタ通り沿いにあります。


目の前にはスーパーやらコンビニがあってとっても便利です。
中々立派でびっくりしちゃいましたが、1泊2人で7000円と激安。


ロビー。

 


プールも中々大きくて満足。


室内も文句ありません。

しかも日本人スタッフが常駐しています。

朝食はバイキングで、味はまぁまぁのレベル。
でも1つだけ結構美味しかったのが、クイッティオ。

麺を選んで、その場で作ってもらえます。


これは3泊4日で毎朝食べちゃいました。

このホテルは中々良かったかも。


しかも最終日、チェックアウトが11時でフライトが22時頃だったのですが
チェックアウト後、荷物だけホテルに預けて遺跡群を観光。
夜にホテルに戻ってから、ジムに付いているシャワールームで、
埃まみれの体を洗い流すことができて◎でした。
フライト前にシャワーを浴びれるなんてありがたいですよね。

↑このページのトップヘ