マグネットぷっちん★旅行記とご当地マグネット

旅行記とその旅先で購入したマグネットをご紹介。

2015年09月

本日は長崎にあるグラバー園のマグネットをご紹介。

スコットランドから渡来した
トーマス・ブレーク・グラバーさんの邸宅です。

軍艦島と共に、明治日本の産業革命遺産として
世界遺産に登録された場所。

長崎2日目。
軍艦島ツアーから戻ってランチ後からの旅行記です。

また路面電車に乗って、
グラバー園(グラバー邸)へ向かいます。

高台にあるので、エレベーターで上まで。(無料)

日本で初めて「道路」として位置づけられた
斜めに動くエレベーターなんですって。

NHKの『ブラタモリ』という番組で
タモリさんが乗ってましたよ。w

そうそう!ココだった、ココだった!


約2分ほど、のんびり傾斜をあがっていくとこの絶景が!

この日の夜、
夜景を見にもう一度ここに来てみることにしました。

長崎は猫ちゃんだらけ。


気持ちよさそうに寝ております。


もう1つエレベーターをあがると
さらに長崎市が見渡せるエリアに。


グラバー園に入館。こちらは第2ゲートです。

コンビニで事前予約するとなんと100円引きに!
↑詳細は文字踏んでね。

西洋料理 発祥の碑


日本最初の西洋料理店だって。

江戸時代の終わり頃のこと。
すごいですネ。

レトロ写真館。


当時の衣装を着て写真撮影が可能。

プッチーニ像。

グラバーさんかと思った。
プッチーニってプッチモニみたい。

リンガーさんのお宅。


明治初期に建てられたもの。


国指定重要文化財です。

この頃からこんなモダンでオシャレだったのか。
日本人はびっくりしただろうな。

レトロではありますが、
そこまで古さを感じない素敵なインテリアです。



旧オルト宅

長崎に残る石造りの洋風住宅で
最も大きいサイズ。

ここの外観は結構好き。

そしてこちらがグラバー邸の門。



こちらがグラバーちゃん。



グラバーちゃんって、
私たちが誰でも知ってる
歴史上の人物にものすごい影響力を与えた人。

坂本竜馬が亀山社中を設立したのは
彼の存在が影響していると言われてます。

グラバー邸

坂本竜馬だけじゃない!

三菱の相談役になってみたり、
キリンビールの基礎を築いちゃったり。



どうりでこんな立派な家に住めるわけだよね。



でも庭には、
断りもなく、ハートマークを埋め込まれちゃったね。

グラバーちゃん、本意ではないだろうな。
しかもなんか不自然だし。。。
長崎のハート推し、さすがに無理があるよ。w

家具も良い趣味しています。


食事はゴージャス!


日本人とも結婚したそうだけど
相当な女ったらしだったそうです。

グラバーちゃんと三菱の岩崎っちの写真。

グラバーちゃん、右足あげて不良ぶってる。

調べれば調べるほど、
かなりの悪だったということが分かります。

ちなみに園内には
フリーメイソンのシンボルマークが。(写真は忘れた)
グラバー本人がフリーメイソンだった説もあります。

なんだか、とにかくやり手ですごい人です。
グラバーちゃんの歴史を調べてから訪れると
とても興味深く見て周れると思いますよ。

最後に・・・
キリンビールのシンボルになった狛犬。



イメージとちょっと違う。
キリンビールのシンボルは
もっと龍っぽいよねぇ。


つづく。


本日のマグネットは軍艦島のものです。

先日世界遺産に登録された軍艦島(端島)のマグネットは
結構豊富にあったと思う。

でも残念なことにそのほとんどが写真モノ

過去に何回か
血迷って写真マグネットを購入してしまった私。
今回はぐっと我慢した。

立体的になっているとはいえ、
これも写真って言っちゃー写真なので
微妙なところなんだけどネ。

さて、長崎2日目です。
朝便の軍艦島上陸ツアーに参加予定。

前日に大雨警報洪水警報
プラス・・・
強風注意報、波浪注意報、雷注意報まで発令。
雨だけならまだしも、
波も風もあったら、もう絶対無理ですね。
船が出ませんもん。

前日の夜は
「せめてお天気でありますように」
祈りながら寝ました。

いよいよ次の朝になり、起床して
諦めながらホテルのカーテンを開く。

シャーー!!

は、晴れている!!

そして9:00amちょうどに、

ピーンポーンパーンポーン

と長崎市内放送のチャイムが鳴った。

「警報・注意報は解除されました。」


マジスカ?
ほんとにギリギリだった。
速攻ツアーに電話して出航できると確認
てるてる坊主くん、頑張ってくれた

朝食を簡単に済ませ
長崎の路面電車に乗車。


一日乗り放題500円のチケットを
前日にホテルでゲットしておきました。

通常1回120円なので
5回乗ったらペイしますね。

常盤ターミナルへ。


今回予約した軍艦島コンシェルジュの窓口に向かいます。


窓口で受け付けを済ませる。


出航はするけれど、
「本日は波が荒いので、上陸できるかは
軍艦島に到着してからでないと分かりません。」
とのこと。

どうか・・・。
どうか上陸できますように


昨日までは
「雨だけでもあがってください」
とお願いしていたのにね。
人間の欲は尽きない。

見晴らしの良い席を確保したい人たちは
かなり前から並んでいた模様。


私たちはビリから2番目です。

いよいよ乗船です。

この天気、嘘みたいですね。

人気の2階席はすでに満席。


いよいよ出航
まずはスタッフ紹介が始まります。


今回、軍艦島と同様に世界遺産に登録された
ジャイアント・カンチレバークレーンの紹介や


三菱長崎造船所の第三船渠などを
船から観光。



これはなんだっけ?
教会とかだったかな?

白い建物が日本最古のなんかだったかな?
忘れた。

この日は波が高く、
周りの人々が次々にダウン

船酔いですネ。

見える範囲の約半分の人がぐったりとしていて
首におしぼりを当てて寝ていたり、
鬼太郎袋を口にあてていたり、
まるで、何かの事件現場のようでした。

もう軍艦島どころじゃない雰囲気。

三半規管がそんなに強くない私は
「自分は絶対大丈夫」

という暗示をかけて
ひたすら遠くを見ていました。

すると、見えてきました、軍艦島が!

うわーー。感動~!!

絶対見れないと思ってた端島です。


本当に軍艦のように見えるんですね。

そして・・・この後、
船長が何度も何度も上陸を試みましたが
残念ながら波が強すぎて断念


でたでた!サイパンの悪夢。
一回上まであげといて、下までズドンと落とすや~つ~。

天気はむしろ全く関係なく、
波の高さや風の強さで
上陸の有無が決まるのだそうで。

船長が一生懸命チャレンジしてくれたのを見たから
強くは言えないけど、
こんなに手の届くところまで来たのに
上陸できないなんて。

その時の悔しさと言ったら・・・。

軍艦島を周回し
外側から説明を受けました。




この時点で、
もう誰も写真なんて撮ってなかった。

船酔いしている人たちが
上陸できない辛さも重なって
精神的にボロボロ感

唯一私だけ、
船の前に行ったり2階に登ったり、
写真撮影に勤しんでました。w


早々と軍艦島を後にして



代替案の高島に上陸~♪

どこだ?ここ。w

キョロキョロ

石炭資料館とかある島だそうで。

岩崎弥太郎の銅像。

三菱財閥の創業者です。

軍艦島の模型。

模型とか見せられてもさ、
ため息しか出ないよね。w

そしてまた常盤ターミナルに戻ります。

帰りはじゃんけん大会とかあったけど、
ほとんどみんな無言。

最後に記念品をもらい下船。
上陸できなかったので1人630円返金されました。


オフィスにあったお土産屋さんをのぞく。


マグネットは写真タイプのもののみでした。

また路面電車に乗車。


車内はレトロな感じでいい♪


ランチはここ。

群来軒さん。
地元民に愛されている食堂です。

長崎ちゃんぽん。


皿うどん。



東京では
皿うどんを頂くときは
お酢とかからしをつけますよね。

ここでは、ソースをかけるんです。


珍しい

ちゃんぽんや皿うどんなんて
うまい・まずいの差はあまり無いだろうと
思っていました。

いやいやいや。
なめてました。

どちらも絶品でしたね。
個人的にはソースをかけた皿うどんが気に入りました。

また食べに行きたい。

お土産にからすみを買いに。

高野屋
からすみスパゲティにして頂きたいと思います。
※商品紹介は最後に紹介します。


軍艦島上陸は本当に残念だった。
凹みすぎてこの後の行動がうろ覚え。

でもね、実は次の日のツアーも予約していました。
家族会議で、行くか否かを話し合う。

行くべきプラスポイント
・長崎には暫く来れない
・上陸に対するこだわり

止めるべきマイナスポイント
・50個限定のカステラを買いたい。
・ランチに吉宗の茶わん蒸しが食べたい。
・8000円も払ってまた上陸できなかった時の落ち込み
・鬼太郎袋のあの匂いのトラウマ
・遠くからでも見たという満足感がある
・天気予報で雨プラス風が強いと出ていた。

そんなわけで、
結論は、
止めよう・・・ということになりました。

後日談ですが、
この日、私がキャンセルした軍艦島上陸ツアーは
こんなに好条件が整うことなんてない!
ってくらいベストの状態だったそうです。

もちろん、みなさん上陸したってさ。

後悔先に立たず

ちなみに、このツアー

出航した後、上陸出来なかった確率は

僅か4%だそうです。


4%に入っちゃった。

最低!


しつこいくらいに落ち込んでいたので

最後には旦那が呆れてました。

でもぷっちん的には
上陸できなかったって流れの方が
きっと面白く読んでいただけるだろうと思います。

じゃいっか。

本日のマグネットは
長崎の観光地が詰まった一品

平和記念像、軍艦島、そして大浦天主堂が載ってますね。

長崎旅行記②、始まりますよー

ホテルにチェックインした後に
眼鏡橋を少々観光したところでしたね。

その後、浜んまち商店街へ。

ベルナード観光通りです。

商店街の一番手前に(写真左真ん中)に
角煮まんじゅうって書いてあるお店があるでしょう

先日、日テレ『火曜サプライズ』内で
ウエンツ瑛士と三浦春馬が試食をしてたお店。


もちろん私も、試食させて頂きました。爆

試食のわりには大き目なので
これだけで満足しちゃったよね

美味しかったです。
ごちそう様でした。

角煮まんじゅうちゃん

なんでもキャラクターにすれば良いってもんじゃない

アーケード内を歩きます。


色んなお店があって
賑わっていました。


世界遺産登録の看板はどこでも見かけました。

町おこしだもんね。

そして中華街へ。



門は立派なんだけど、
ストリートは大したことなかったな。



この門から宿泊ホテルは徒歩2分の距離。

一度休んで夜景ツアーに参加してみました。


長崎は意外にも
世界新三大夜景の1つなのだそう。
あとは香港とモナコ。

本当は夜景が見える稲佐山まで
ロープウェイで行けるのですが、
現在、耐震補強工事中のため、
バスツアーに参加するしかないのです。

私が宿泊してるホテルJALシティから発着しているので
大変便利。
レセプションで予約もできました。

時間通りにバスに乗り込み
稲佐山に到着。

バスは満席でしたよ。

この建物の中に入ると
天気が悪かった時のためか、
夜景のパネルがありました。


なぜか、葉加瀬太郎先生が。w

テーマ曲とか作ってるんすね。w

さっそく夜景を見てみましょう。


いかがでしょうか。


実際は100万ドルくらいの夜景なのに

この三大に認定されてからは1000万ドルの夜景って

オーバーに言われてるって。w

うーん。確かに。
香港と比べると、ちょっと弱いような・・・。


そしてそして・・・
道中バスガイドさんが
「屋上にハートのランプがあるので
探してみてください!」

と。


出たハート推し


他すべては三角のランプなのに
1つだけピンクでハートの形をしたものが足元にある・・・と。

眼鏡橋でうっかり探し忘れたので
今回は探すぞ~。

鼻息荒くしなくても、
すぐ見つかりました。

床の写真を撮ってる人を探せば良いんですから

オーブみたいなのが飛んでて
エロティックな写真になっとるがな。w

ホテルに戻って夕飯です。

大衆割烹の安楽子さんへ。

美味しいお魚が

リーズナブルで頂けるお店です。

良い雰囲気の店内。
お客さんは地元の方ばかりでした。

メニュー。

確かにお安いです。

『オバ』


クジラの尾びれで主に脂肪とゼラチン質。
他店では「おばけ」とか「おばいけ」とも呼ばれているよう。

隣に添えてるのは
緑の野菜はねぎぬたなのですが、
これと一緒に酢味噌に付けて食べたら絶品でした。

ねぎぬたは追加でオーダーしたものだけど
これがなかったら大して感動もなかったと思う。

お刺身盛り合わせと自家製スリミ

お刺身の鯵は臭みが全くなく美味しかったです。
スリミは揚げたてて、結構甘みがある。

どれもこれも満足のお味でした。
日本酒やらビールやらを3杯のんで、合計4000円。

安かったです。

〆はお店を変えました。

一口ギョーザで有名な
宝雲亭へ。

この界隈には一口ギョーザ屋さんが
もう1店舗ありますが、
宝雲亭さんの方が評判が良かったのでチョイス。

メニュー




焼き餃子とスープ餃子を頼んでみた。

一口ギョーザは本当に一口サイズで
1人1皿はペロリといけると思います。

餃子も美味しかったのですが、
絶品だったのはスープ餃子のほうかも。
スープにゆず胡椒を入れて頂きます。

特に男性客には評判がよく
あちこちから
「美味しい!」という声が聞こえました。

このお店は大正解でしたね。

そしてまた中華街を通ってホテルへ。



まだ20時半くらいなのに
中華街はほとんど閉まってた。

どんだけ~!

ホテルに着いてすぐ天気予報を確認。
なんと

大雨警報。

け、けいほうって・・・。

確かに外を見ると窓の外は大雨
そして明日も1日続くって

軍艦島は絶望的。

つづく。

長崎のご当地マグネット。

実はこれは
地味にシリーズ化しております。

香川県のもの。


宮島のご当地マグネット。

これ、意外と置いてあるお店が限られていて
見つけるのも一苦労なので
事前にメーカーに問い合わせて
どこに売ってるか確認するのもありですね。

今回は無事見つけることができて良かったです


早速ですが、9月の週末に行った
長崎2泊3日の旅行記のはじまりはじまり~

以前ブログにも書いてますが、
軍艦島(端島)、三菱長崎造船所や旧グラバー邸などが
世界遺産「明治日本の産業革命遺産」に登録される直前に
あわてて旅の予約しました。

2泊3日、JALで羽田⇔長崎往復、
ホテル込みで1人32,600円。
国内旅行の相場はよく分からないのですが、
リーズナブルな気がして速攻決めました。

軍艦島の上陸ツアーも2つ予約を入れて完璧

国内旅行にしては
かなり楽しみにしていたのですが、
事前に調べた長崎の天候予報が…。



降水確率90%

オワタ。

軍艦島なんて行けっこない

あーあ。
なんでこのスケジュールで
予約してしまったのだろうか・・・

バカバカ、あたし。

半ばあきらめモードで、
人生初のてるてる坊主を作って
バルコニーにつるしておきました。

ってか偶然に見ていた長崎の旅番組も
「長崎は雨だった~」と歌ってる・・・。

旅行中、
この「長崎は今日も雨だった」
何度、歌うことだろう・・・

きっと歌わずにはいられないだろう。

とりあえず、
軍艦島には行けないと思って
Bパターンのスケジューリングも組んでおいた。

いよいよ当日
まずは品川に向かい羽田京急きっぷをゲット

京急線往復乗車券をセットにした乗車券。

品川から羽田空港、
長崎空港から長崎駅前までの切符で
1人600円お得になります。

あっという間に羽田空港

もしかしたら、
羽田の国内線ターミナルって初めて来たかも。

事前にWebチェックインを済ましておくと
荷物を預けるまで
たった1分で完了。

前回の旅行でのサイパンの悪夢のせいで
こんなにスムーズにいくはずがないと
どこかで疑ってかかる、完全トラウマなマグネットらばー。

時代は進んでいたんですね。爆

定刻通りに搭乗。


JALは今年の2月ぶりかな。


機内で大好きな
崎陽軒シウマイ弁当を食す。

やっぱりね、横浜生まれだからね。
食べるよね。

富士山が見えてきました。

今回、座席は
富士山を見るために
Aの窓側を予約。

2時間ちょっとのフライトで長崎空港に到着。


近いっすね。


先ほど購入した切符を利用して
街までバスに乗ります。


40分ほど乗車してたでしょうか。
ホテルに到着しました。

ホテルJALシティ長崎です。

正面からの写真は良いものがなかったので
側面からで失礼

ロビー。

立派ですね。

室内はビジネスホテルでしたが、
私たちには問題ないレベルでした。


必要なものは一通りそろっていました。


バスルーム。


まともなコンディショナーがあったのは嬉しかった。

この日の天気予報は
晴れのち曇

明日からは2日連続豪雨になる予定なので

着いてすぐに、軽い観光を済ませました。

眼鏡橋。国の重要文化財です。

石造二連アーチ橋。

水面に映る半円も含めると
眼鏡に見えるでしょ?



寛永11年(1634)に作られた日本初のアーチ石橋だって。


長さ22m、幅3.65mあります。


これ、いつも見えるかと思ったらそうでもなくて
水の流れが速かったり、雨降ってたら見えないんだ。
そりゃそうか


下に降りることができます。


横の石垣に
「ハート」のマークが隠れてるらしい。

※長崎は隠れハートマークを推してる。

私はそんなこと
すっかり忘れて
探しもせずに帰ってきてしまった。
ブログネタにはオイシかったのに!残念!

そして川を渡ってみたり・・・


旦那が絶対落ちるから
渡るのは止めておきました。

鯉がやたら居た。


亀さんも住んでます。

どもーー

この橋の横に常にいる
アイスクリーム屋のおばあちゃん

チリンチリンアイスと言って、

長崎の名物アイスが購入できます。

1度も買わなかった。ごめんなさい。

つづく・・・

↑このページのトップヘ