マグネットぷっちん★旅行記とご当地マグネット

旅行記とその旅先で購入したマグネットをご紹介。

カテゴリ:▼ヨーロッパ マグネット > イタリア

 イタリアにあるレオナルドダヴィンチの作品「最後の晩餐」マグネット。
e2583949.jpg
 

人物だけ少し立体的になってます。


マグネットぷっちんClassicをお届けします。

2010年イタリア旅行を振り返っていて
本日はファイナル~♪

帰国日の前日、朝起きてすぐ
CENACOLO VINCIANOへ向かいました。
 
レオナルド・ダ・ヴィンチの大傑作の絵画、
『最後の晩餐』を見学します。

サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の左側にある
修道院の食堂に描かれております。

予約した時間よりちょっと前に到着。
少し待ったかな。
{4B4C35D4-08AC-4629-81F4-5144D4C2F2FA:01}

 
時間になるとグループで一緒に入ることができました。

ちなみに
事前に予約しないとほとんど入れないらしいのでご注意を。
代行で予約してくれるところもあるみたいですが、
私は直接 CENACOLO VINCIANOで予約しました。
※IEでは見れないかも。

皆さんご存知!!『最後の晩餐』


撮影は禁止!画像はお借りしました。

マグダラのマリアとか
ナイフを持ってるのが裏切り者のユダだとか
ずーっと観ていられました。

絵画のことはよく分からないけれど
本物ってすごい!(ざっくりすぎ!!)

無事『最後の晩餐』を堪能し、
マーケットをぷらぷら。
 


 
新鮮な海鮮や果物がいっぱい!

ヨーロッパの市場って感じですね。
 

ここでランチタイム。
 
お店の名前はよく覚えておりません。
外観はこんな感じ。

ブッフェだったのかな?
 
ごめんなさい。
これを食べた記憶が飛んでます。

お腹がいっぱいになったところで
またまたショッピング~♪
イタリア ローマ ご当地マグネット 

ミラノではボッテガヴェネタのお財布と・・・
 

モンクレールのダウンを合計4着ゲット。
イタリア ローマ ご当地マグネット 

私2着、旦那2着で合計4着。
だって1着6万円くらいで激安だったんです。

一生ものだと思えば更にお買い得です。

一度ホテルに戻り、しばし休憩。
ディナータイムです。
 

田舎料理のお店みたいなところに行ったんだっけな。
食べたものの記憶、味・・・あまり覚えておりません。すみません。
 
 
 
 
美味しかったような気がする

そんな感じでミラノ旅行も終了しました。
次の日空港へ。
 

フィンランド航空の列に並ぶと、なんと!!!
 
ストライキで
フィンランド航空のフライトが全便キャンセルに!!

なぬーーーーー!!!

いやいやいや。。。困るよ困る。
次の日会社だよ!!
空港内を走り回り、窓口でガンガンクレーム入れました。
 

そしたら、まさかの!
アリタリアに変更!!!
直行で帰れることになっちゃいました。
逆にラッキー♪

ツイテル!!

って喜んだのは良いのですが、2秒後に・・・
「あ、フィンランドでマグネット買えないじゃん」
と小さく落ち込んだマグネットらばーでした。
帰りのトランジット@ヘルシンキで
マグネットを買おうと思っていたのでね。

もちろん、直行便>マグネットですから
素直に諦めました。

とりあえず、
逆境に打ち勝って、無事に帰国しましたーー(大袈裟)。

ってな感じで、イタリア旅行2010年は終了です。

まずはマグネットからご紹介。

ご当地マグネット

イタリアのミラノにあるドゥオーモという司教座聖堂のもの。

それでは今日も
マグネットぷっちんClassicをお届けします。

2010年のイタリア旅行を振り返っております。

ミラノに到着し、夕飯を食べた後に
かる~くショッピングへ。
 
「HIGH-TECH」

雑貨や小物を扱うショップです。
日本でいう、ビレッジヴァンガードみたいな・・・。


そしてコルソコモへ。

日本にもあるのでもうご存知かと思いますが
高級セレクトショップです。

モンクレール×ギャルソンとかラインナップが豊富でした。
 
お店の外にはセール品もありましたが、
それでも高い!爆

そしてミラノのシンボルにもなっているガレリアへ。

1865年から1877年の間に建設されたそうです。
プラダとかイタリア代表のアパレルブランドが入ってます。
モールの先駆けと言われているとこ。

こうやって普通に歴史的建造物の中に入れるって不思議。
 
日本は古くなったらすぐに取り壊しちゃうよね。

ここから歩いてすぐに見えるのが…
 
ドゥオーモ!どーーーん!

大聖堂です。
 
半端なく素晴らしい建物でした。 


1813年に完成したもので
体積がフランスのボーヴェ大聖堂に次いで世界で2番目に大きいとか。

明るいうちに撮影した写真もアップしておきます。

46a7c537.jpg

本当にすごいものは
言葉にならない。

そして、残念ながら写真なんかじゃ伝わらないな~。


帰りは、スーパーで生ハムを購入して
ホテルで食べました。
 
安くてめちゃくちゃ美味しかった記憶。


イタリアで買った真実の口マグネット。

ご当地マグネット

【追記】
2009年に放送されたテレビ番組「世界の果てまでイッテQ」を
you tubeで見たんだけど
これと全く同じマグネットが紹介されてました。
ちょっと興奮。

マグネットぷっちんClassic イタリア編です。
2010年11月27日からのローマ・ミラノ・バチカンの旅を
振り返り中・・・。

コロッセオとフォロ・ロマーノを観光した後は
真実の口へ。
 
私の後ろには、長~い行列ができてて
「早く撮らなきゃ、早く撮らなきゃ」
と鼻息荒くして撮影したので、あんまりうまく撮れませんでした。

ちなみに『真実の口』。
「ウソつきがこの口の中に手を入れると噛まれる」という言い伝えがあります。
ローマのサンタ・マリア・イン・コスメディン教会にあって
映画「ローマの休日」のワンシーンはあまりにも有名。

これって映画効果でこんな知名度あがったんスカね?

ここを訪れての感想は
「見る価値ある?」

ごめん。
撮影も流れ作業的で、まるでアイドルとの握手会みたいだった。

もう満足したから、旅人が家族以外にならない限り
2度と行くことはないと思う。

ローマの街は素敵でした。
 
天気が良ければもっと良かったのにな。

ナヴォーナ広場へ。
 
1世紀にドミティアヌス帝が造らせたそうです。
1世紀!!

この広場には4つの大河を擬人化した噴水があります。
 

ここでランチを取ることにしました。
 

このお店のサンドウィッチ。
 
ローマのどのレストランより
このB級グルメが美味しかったな。

そして、その足でバチカンへ入国。
まずは、バチカン美術館へ行きました。
 
早朝に行かないと激コミするということで、
まずは美術館からにしたのです。

オフシーズンだからかな?空いていました。
 

ここはヴァチカン宮殿は歴代法王による世界最大級の美術館。




 

地図の間。


左右に地図が並んでいるんだけど
天井もかなり豪華絢爛ですね。
 

ラオコーン像。

大理石製の古代ギリシア彫像です。

その後はサン・ピエトロ大聖堂へ。
 


カトリック教会の総本山です。
 
ちなみに世界遺産に登録されております。

キリスト教の教会建築としては世界最大級の大きさなんだって。
 


 

正直、そんなに記憶がないし、
マグネットも買い忘れてるっていう・・・。
 
せっかく行ったのに記憶がないってもったいない。
やっぱり帰国後すぐにブログを書かないと
どんどん忘れていってしまうね。

サンタンジェロ城
 
お城っぽくないなー。

テヴェレ川にかかる橋。
 

そんな感じでバチカン観光は終了!
ちょっとあっさり塩味だった?
いやいや記憶が薄れてるだけなのよ。汗

夕飯はこちらのお店。
イタリア ローマ ご当地マグネット 
ぶ、ぶれてる・・・。

店内はかわいらしいので期待しましたが・・・
イタリア ローマ ご当地マグネット 
 
ここで食べたものは、日本の冷凍食品以下のクオリティでした
イタリア ローマ ご当地マグネット 
まずかったピザ。

まずかったパスタ。
イタリア ローマ ご当地マグネット 

生ハムだけは合格!
イタリア ローマ ご当地マグネット 

イタリアのこのパスタのクオリティの低さはなんなんだ!!
もうローマに未練はない。
トランジットでは来るかもしれないけど
一生来れなくても良いです。

次の朝です。
イタリア ローマ ご当地マグネット 
やっぱりこの日も天候が悪い。

この日、ローマからミラノへ電車で向かうことにしました。
イタリア ローマ ご当地マグネット
大きなスーツケースを持って駅に。

電車で移動ってわくわくしますね。
イタリア ローマ ご当地マグネット 

チケットを購入して・・・
イタリア ローマ ご当地マグネット 

乗車しました。
イタリア ローマ ご当地マグネット 

中々快適な車内。
イタリア ローマ ご当地マグネット 
 
食堂もありましたよ。
イタリア ローマ ご当地マグネット 

天候が悪く景色はいまいち。
イタリア ローマ ご当地マグネット 

3時間半くらい乗車してたでしょうか。
無事にミラノに到着。

早速ホテルにチェックインです。
 

こじんまりとしていましたが、
中々かわいいホテルでした。
 

そして、恐怖の!!夕飯タイム。爆
 
サルデーニャ料理のお店。

Calaluna(カラルーナ)
住所:Viale Piave 38
TEL:02-2940-1982
定休日:月曜日

 
店内は非常ににぎわっていました。

メニューです。
 

後ろの席に
日本人の家族が座っていらして
少しお話させて頂いたのですが
「とにかくボルチーニのリゾットだけは食べとけ」
とオススメして頂いたので素直にオーダーしてみました。



これ、イタリアに来て
初めて美味しいと思いました。

やはり美味しいものは日本人に訊けってね。

この頃の私たちは
日本のガイドブックに掲載されているお店は
極力いかないようにしてた時期でした。
でもその考え方は間違っていたかもなー。

パスタも普通に美味しかったです。

ウニとトマトソースのリングイネ

なぜか甘い物、三連発!!
 

 

 

こんなの食べた記憶が全くないんですけどっ!笑

イタリアはコロッセオのマグネット。

ご当地マグネット


陶器でできた素敵なマグネットです。
 
これは結構好き。

2010年に行ったローマ・ミラノ・バチカンの旅、
Classic編となります。


3日目、一日観光です。
西暦80年に建てられたコロッセオへ。


当時、競技場だった場所。

5万人を収容できた大きな箱です。


ここで行われていたのはなんと
人と猛獣や、猛獣と猛獣の戦い。


ここで数千人の剣闘士や猛獣たちが命を落としたのだそう。


コロッセオ内部。



小部屋になっているところには猛獣の檻だったそうです。

人間たちの娯楽のために、そんな多くの犠牲があったなんて。
コロッセオ内に居ると、とても悲しい気持ちになりました。

人間が一番恐ろしいですね。。。
ここで一枚だけ夜のver.も挟ませて下さい。


コロッセオの後はフォロ・ロマーノへ。


紀元前6世紀から293年にかけて、
国家の政治・経済の中心地であった場所です。

アントニヌス・ピウスとファウスティナ神殿



古代遺跡をこんなに間近に見ることができるなんて
本当に感動です。

サートゥルヌス神殿

映画とか歴史では
なんとなくローマ帝国って聞いていたけど
こうして遺跡を見ると
本当に存在したんだなーと実感。

ってか、紀元前6世紀とか
もーよく分からん!!

2000年前って、何?
そんな前に、すでにこんな高度な建築技術持ってたの?

発掘した人たちもすごいけど。

本物を見ながら歴史を学ぶと
自然に体に入ってくるなーと思いました。


イタリアはローマのマグネット。
{6A8D45F0-FB64-408D-8082-12377B7B3F2F:01}


マグネットぷっちんClassic イタリア編です。
2010年11月27日から行ったローマ・ミラノ・バチカンの旅を
振り返ります。

実は昨日GRのメモリーカードを見てみたら
イタリア旅行の写真が大量に出てきました。
メジャーな場所以外は行ったことすら忘れていて
もったいないので備忘録的に掲載させて頂きます♪

成田からまずはフィンランド航空でヘルシンキまで。


機内食はミートボール。

こんな感じの
IKEAで食べたことあるな。
ジャムつけて食べるんだよね。


まずはヘルシンキに着陸。

わっ!フォントとか
すっごくIKEAっぽい。
これが北欧かー。


ムーミンもお出迎え。

写真がブレブレですね。
マグネットは荷物になるので目星をつけておいて
帰りに購入することに。


また飛行機に乗り込みます。


ローマに無事、到着しました。

トランジットもあったので
完全にグロッキー。


とりあえずホテルにチェックインして
この日はすぐに眠りました。


次の日、朝からスペイン広場へ。
上からの眺め。

スペイン広場は
オードリー・ヘップバーンの「ローマの休日」の
撮影場所としてあまりにも有名ですよね。
でも私は映画を見たことないんだ


この階段を降りる辺りで
物売りがめちゃくちゃ話しかけてきます。
「いらねー」って言ってるのに
無理に手首にミサンガを巻いてきます。
「ナカタ!ナカタ!(サッカーの)」と声掛けてきます。


「No!」としっかり言わないと
日本人なんてすぐに良い鴨になっちゃうのでご注意を。

なぜスペイン広場というかというと
この近くにスペイン大使館があるからだそう。
なんてイージーな理由!


そしてそのまま歩いてトレビの泉へ。

バロック時代の噴水。

このゴテゴテしさがイタリアっぽいね。


後ろ向いてコイン投げると願いが叶うということで
とりあえずやっときました。

何より天気が悪かったので
写真の色がよくないなぁ。


この辺りのレストランでランチ。


店名とか
もうすっかり忘れておりますが
観光客だらけだったので
観光地のど真ん中だったと思います。


カルボナーラで有名なだということで
さっそくオーダー。

2人分を別々に取り分けてサーブしてくれました。
親切!


味は…というと
全然美味しくなかったです。
なんでここが有名なのか、さっぱり分かりませんでした。


他にリゾットも頂きました。

こちらも結構高かったのに
一口目で首を傾げる。


うん。夕飯に期待しよう。
暫くショッピングなんかしながら
ローマを散策。


トレビの泉の夜バージョン。


夜の方が天候に左右されず
写真がベターですね。


あっという間に夕飯タイム。
ランチを外したので、
ネットで評価の高いお店に行ったのに
びっくりするほどまずかった。


よく考えたら外人が美味しいと評価したお店。
そっか。
日本人に評判のお店を選ばきゃいけなかったんだね。

写真がブレちゃうくらいの不味さ。


あまりにもひどいので
外観の写真は控えさせて頂きます。

生ハムだけは美味しかったな~。

知り合いに
「ローマのどのお店に入っても
パスタが美味しいよー」

と聞いていて、
正直、期待しまくっていただけにショックでした。
東京のイタリアンレストランより不味いじゃんか。

…と東京のレベルの高さに驚いた一日でした。


↑このページのトップヘ