マグネットぷっちん★旅行記とご当地マグネット

旅行記とその旅先で購入したマグネットをご紹介。

カテゴリ:▼アジア マグネット > 台湾

本日のマグネットは台北の南にある
烏來で購入したもの。

烏來に関してはまた後ほど。


台北旅行記、2日目です。

この旅行が決まってから
ずっと心配してたのは天候。


日本からのフライトも台風の影響で
飛ばない可能性もあったし、
無事に台北到着しても、予報は『雷雨雷』。
「あー失敗したなー」
とちょっと後悔してたのでした。


到着1日目は予報が外れて晴天sei
ほっ。


1日目の夜、台北の天気予報で確認しても
2日目はやっぱり『雷雨雷


もう観光は諦めてました。
グルメに特化する覚悟でした。


ところが朝起きてカーテンを開けると…

晴れてるやんけ。

sunsunsunsunsunsunsun

マグネットらばーちゃんの
日頃の行いが良すぎるのかな?
えへへへテレ

ということで、
急遽観光することにしました。


今回は行ったことがない
烏來(烏来/ウーライ)へ。
台北の南に位置する小さい山間の街で
露天風呂やトロッコなどが有名な場所です。
烏來とは「温泉」という意味。

ホテルからMRTの松江南京までは徒歩3分。



ガイドブックでは
地下鉄で「新店駅」まで行って
烏來行きのバスに乗り換えろと記載されていますが
新店駅からだと、バスが大変混雑し座れないので
その1つ前の駅から乗ってみることに。

こちらは切符。

新店からは
約40分クネクネ道を行く。

私たちは無事に座ることができましたが
座れない人にとっては辛い旅路に見えました。
1個前で乗車して良かったです。


そして到着~♪


ちょっと歩くと
エメラルドグリーンの川面が見えてきました。


鬼怒川温泉っぽいですね。

本当に晴れて良かった。


雨だったら最悪だったろうな。


バスターミナルから少し行くと、
温泉宿や食堂、お土産屋さんなどが並んでいます。


こちらのソーセージ屋さんは常に行列。


マンゴー屋さん。


豚の丸焼き


ここには台湾原住民族である
タイヤル族が多く住む地域。

ナニコレ?
嫁の尻にひかれてる的な?

違うか。


ここには烏來特定風景区があり
その中心に行くにはトロッコが楽。


昔は手で押してたというトロッコ。

今はモーターで動かしています。
こちらに乗って中心まで。


徒歩だと30分以上かかるところを
トロッコに乗ると5分。
でも50元と高め。


左右にブンブン振られるので
体が飛ばされそうでちょっと怖い。


烏來特定風景区の中心。


食堂やお土産屋さんが並んでおります。


タイヤル族の民族衣装。

配色が南米っぽいね。

白糸の滝。


トゥクトゥクみたいな感じ?


他にやることもなく
またトロッコに乗って
もとの温泉郷のところに戻りました。


ちょっと早いランチ。

『阿春美食』

この辺りはタケノコご飯が有名で
中でも評判の良い店をチョイスしました。


店頭の野菜も色鮮やか。


人気店なのか、すぐにいっぱいになりました。


注文したのは、
右上:蒸し鳥
左上:空芯菜炒め
右下:タケノコおこわ
左下:蝦と小魚の唐揚げ

あとタケノコのスープね。
真ん中上。

タケノコスープがかなりツボだったな。

旦那は蒸し鳥がお気に入りだったようで
「これ、うまい!」を連呼してました。
確かに鳥独特の臭みもなく食べやすかった。


ここのお店、平均点より上なので
烏來に行った際は是非お立ち寄り下さい。


シティまで戻り、
またまたマンゴーかき氷タイムです。

King Mango
ここも日本人だらけでした。


元祖新鮮なマンゴーミルクかき氷。

マンゴー天国。
食べても食べてもマンゴーが!!


フルーツは美味しかったですが、
かき氷が昔ながらな粗い感じ。
メニューをよく見ると
「新鮮なマンゴーミルクかき氷」
というのもあって
雪の方を頼むべきだったと後悔。


「元祖」という文字に負けてしまった。
マンゴー自体は非常に美味しくて幸せでした。

そしてTaipei101の地下へ。
目的はこのダンパーベイビー。

これで4色目。
旦那のコレクションです。
ちっともかわいくない。


そのショップの目の前にあるスーパー。


スナックとインスタントラーメンしか買わなかったけど。


そして今回初めて行った
誠品生活松菸店。

台湾カルチャーを牽引する複合ブックストア。


代官山のTSUTAYAはここからインスパイアされたと
言われています。


置いてあるものも

その見せ方も本当にオシャレ。

でも、これも本屋って言っていいんですかね?w


Made in Taiwanのモノが沢山ありました。


でも欲しいと思うのは
やっぱりMade in Japan率高し。


地下には「世界一おいしい」といわれている

パン屋がありました。

人気No.1メニューが
明太子フランスパンと書いてあったので
大したことないだろうと今回は並ばず。


ここに隣接しているホテルにちょこっとおじゃま。

ついに、雨が降ってきました。
豪雨です。


ロビーはライブラリーみたい。

シャレオツ。
こんなホテルに泊まりたかった!
(300円ホテルで充分だけど。いじいじ)


そして最後に小籠包を食べにタクシー移動。
この時間に雨降ってももう大丈夫です。
観光が終わった瞬間に雨で、
本当にラッキーでした。


行ったことのない
『諭郷鮮湯包』さんにおじゃま~☆

…といきたいところだったのだけど
なんとクローズしてました。
理由は分かりません。
定休日ではないはずなんだけど。


もうセカンドアイディアが浮かばなくて
無難に鼎泰豊に行っちゃったよ。


今日も大盛況で30分待ち。

勝手知ったるなので、
適当にオーダーしました。

豆もやし。

甘めしょうゆベース。
想像してたのとは違いました。


蟹味噌小籠包

ハーフサイズもあります。

分かりやすく蟹さんがっ。

この蟹も食べれるそうです。


ノーマルの小籠包。


海老シュウマイ。


ピリ辛蝦雲呑。


炒飯。

豆もやし以外は
ハズレはありませんでした。
鼎泰豊のすごさはそこだよね。


最後にパイナップルケーキを買いに行きました。


台北犁記餅店

店内で試食。

まぁ、オーソドックスなパイナップルケーキで
美味しかったですよ。


そしてここでTime is up!!

次の日、無事帰国しました。

なんだかバタバタしましたが
充実した3日間になりました。


おわり。


本日のマグネットは
台湾は台北にある国立故宮博物館のマグネットです。

いつも通り、
今回の台北旅行では行ってない汗②


過去に入館した時は
展示物のレプリカである白菜のマグネットを購入したっけ。

⇒白菜マグネットはコチラ

さてさて。
今回の3連休、台湾の台北に行って来ました~。
前回、台北に行ったのは2014年11月1日。
はい。1年経ってないのにまた台北行きましたね。

なぜかって?

そこには大きな大~きな理由があるのです。

まずはこの写真から見て頂きましょう。

こちらは会社の福利厚生サイトのキャプチャー。
台北のあるホテルを指定して検索したら、


この3連休に!
なんとっ!
1泊200円!!!

※会員料金の方を見て下さいね。

まーでもどうせ
こんなの取れるワケないな。
つりだな、つり。

「でももしかしたらもしかするかもしれない」
ダメもとで申し込みボタンをポチッとな。


すると1日後、
「お客様のお申し込みは成立しました」


あっさり取れてしまいました。
しかも。
なぜかポイントなるものが100円分貯まっていて


1室200円×2泊-100円=300円


よって
1人2泊150円!!!

ガーーーハッハッハ。
嘘でしょ?
笑いが止まらん。

そこからエアチケットを探したら
スクート台北行きが往復19,800円!
私が知る限り3連休では最安値。

あーこれは
完全に台北に呼ばれてますな。
と。
でっ。
即決しました。

この3連休に2万以下で台北に行ったという
自慢話からスタート~。
マグネットらばーちゃんらしいでしょ?うふっ。

ちなみに
周りの人間にこの話をしたら
ポーランドの幻のベッド配置
トルコでのソファベッドの悪夢とか
さぞかしおかしなことになるだろうと期待してるって。

さ~て。
実際はどうだったんでしょうね~。

前置き長すぎた。
お~い。皆さん、ちゃんと付いてきてますか?

●7月18日11:55
LCCスクートで台北へ。

10分だけディレイして搭乗。


スクートは座席指定するのにお金が掛かります。
指定せずにチェックインすると、まさかのインボラ。

イエローの席は
後ろに見えるブルーの座席より若干広いです。


後ろに座ってた20代女性の3人組(日本人)が
「なんで私たちの席は黄色いの~?」

「ほんとだね~。なんでだろうね~」
とケラケラ笑って
最後までインボラと知らずに降りてった。


あんたら、不幸だよ。
不幸すぎるよ。


ちなみに行きも帰りも
このイエローシートを頂いちゃいました。
ちっちゃいインボラだけど
やっぱり広めの席に座れるって嬉しいよね。

そして3時間の快適フライト。

この島はどこかなー?
とgoogle mapを見てみたら
四国の上に居た。

GPS、すげー!!

無事に台北に到着です。

台北の入国審査って
なんでいつもこんなに混んでるんだろうか。
1時間くらい行列に並びましたよ。


バスチケットを購入。


30分くらいバス停で待つ。

暑くてバテた。


國光っていうバス会社が人気だけど
今回は長榮を利用。
なぜならホテルの目の前に止まるからです。


乗車して1時間。

シティに入り次々と人が降りていく中、
運転手が突然乗客に向かって
にゃーにゃーにゃにゃにゃーにゃ~(中国語)
と叫びまして。


もちろん全く分からないので無視。
するでしょ?中国語なら、無視。

でもなんだかちょっと不安になって
google mapで自分のいるところを追っかける。
そしたらね、
嫌な予感が的中してね、
宿泊するホテルを華麗にスルー。

え!えええーーー!!
後ろの席から運転手のところまで飛んでいき
後方を指さして、ホテル名を連呼。

運転手は
「おおおーーーあんたあそこで降りるの?
ソーリーソーリー」
みたいなことをにゃーにゃー言って
2ブロックくらい走った後、
なんとかバスを止めた。

結局4分くらい歩くことになったけど
まだセーフだったと思おう。

そして到着したホテルがここです。

皆様、長らくお待たせいたしました。
今回宿泊した2泊で300円のホテルは
The Leofoo hotel (レオフーホテル)です。


よーし。敵が現れたか。
この戦いには絶対負けないぞ~。


はい。まずはロビー。

はーーいはいはいはいはい。
ロビーだけは小綺麗にしてるタイプね~。


騙されませんよ~。
私を誰だと思ってるんですか~?


ここであんた。クレカでも出せって言うんでしょう?


ん?
言わないね。
チェックインはスムーズに終了。

エレベーターホールに向かうと
びっくりな看板が!

分かります?


セブンイレブンに直結してるっつー。

へっ汗へーー顔2
べ、便利っちゃー便利だねー。

そして部屋のある9階へ。


吹き抜け。

ノーコメント。


問題はこっからですよ。
へやっへやっ。


はい。入ります。

うん。ふつー。


お水があるんすね。

2泊2人で300円なのに?


部屋は角部屋でちょっと広い。

絶対、300円以上払いませんからね。


バスルーム。

歯ブラシがありました。


バスタブ。


そして、スリッパまでも。



極め付きはこれ。

朝食券。爆

2泊300円で朝食付きって。

完敗しました。
え?
むしろ圧勝か?

朝食は結構すごかった。

かなり構えて挑んだチェックイン。
なのに、なんだよ。


何もないじゃないか!!
ホテル自体は中の下くらい。
でも300円だったら文句言えないでしょう。


あ~~~~~~~~~~。
やっと一個欠点見つけたーーー。


それは部屋の『鍵』です。

この下の丸いとこ、
これが糞重い。
重すぎて、外出時は必ずフロントに預けざるを得ません。
(私は面倒なので、大体鍵を持って外出するタイプ)


でも頭イイね。紛失の心配が減るもの。


そんな感じでホテル紹介は終わります。
ご期待に添えず、本当にごめんなさい。
※特に同僚の皆さん。


ドキドキのチェックインが無事に終わり、
早速夕飯を食べに行きました。

金仙魚丸店

以前、渡辺直美のオススメする魯肉飯と蝦捲の
お店ってことでブログでも紹介したところです。


本当に偶然なのですが、
ホテルから歩いて2分の場所にありました。

今回の旅は色々、縁がつながってるというか、
うまくいきすぎてて怖かった。


地元のお客さんでいっぱいでした。

席についたら
自分でマークしたオーダー表を
店員に渡します。


渡辺直美も食べてた魯肉飯

他の魯肉飯と違うのは
豚肉に脂身が多く大きいところ。


味付けは抜群に美味しかったですが、
最近ちょっと脂身が苦手な私としては
もう少し小さいタイプの方が好みかもしれません。


魚丸湯

あっさりしていて美味しかったです。


蝦捲飯。

こちらは単品ではなく
間違って定食をオーダーしてしまった。
魯肉飯がまた来てお祭り騒ぎさ。


蝦捲は、食感やら味は
かりかりに揚げたさつま揚げ的な感じですが、
アジアっぽい癖が後からぷーんと来ます。
私は大歓迎なので美味しく頂きましたよ。


さくっと食べてお店を移動。

盛園絲瓜小湯包へ。

いつものお店。


皆さん本当はここには小籠包を食べに来ます。


私たちは、餃子だけオーダー。


いつも「美味しい」って感想だけなので
ちゃんと食レポできるように
味わって食べてきましたよ。


ここの餃子には
例えばキャベツとか白菜とか
野菜が何も入ってないんです。
小籠包の肉に限りなく近い肉々しい餡。


それを厚すぎず薄すぎない
モチモチの皮でくるんでいます。
このバランスが絶妙だから美味しいんだなって感じ。


今回も裏切られなかった。
美味しかったです。


そしてこの日最後は
今が旬のマンゴーかき氷を食べに
冰讃へピットイン。

住所:台北市雙連街2号
電話番号:(02)2550-6769
営業時間:11:30~22:00
休業日:4月から10月までの期間限定オープン(毎年変更あり)


前回、私が神と崇めたお店です。爆

店内は日本人だらけ。
しかも行きの飛行機が一緒だった人とか
小籠包屋で並んでた人とか
み~んな居た。


芒果雪花冰

このお店、日本にも来て欲しい。
あー。でも来日しても、
バカみたいに行列できちゃうから
結局私は行かないのかぁ。


そんな感じで1日目終了~♪


台湾旅行2014も最後の記事になります。
〆のマグネットは淡水で購入したマグネットです。


淡水のマグネット、今回3つも買ってしまった。

あとこの2つね。




帰国してから
「やっぱりあのマグネット買っときゃ良かった~」
なんて後悔するのが嫌で、
「安いなら 買ってしまえよ ほととぎす」
とマグネットを握りしめてキャッシャーに並んどります。


でもね、本当に安い趣味だと思ってんだ。
ハイブランドにハマってしまってた時期は
旅行の度に、30万くらいのバッグをホイホイ買っちゃってた。
旦那も特に何も言わないもんだから、後からカードの支払いで苦労したものだ。

それに比べたら、安価なマグネットの2つや3つ…。

(いや、今回の台湾だけで11個や12個ですけど…)

って本当はどこかで自己嫌悪。
なんだかマグネット探しの旅、ちょっと疲れた。
もうマグネット収集、辞めようかな…。

マグネットらばー、ちょっと病んでんのかもしんまい…。www


ま、とりあえず結論はペンディングにしておいて、今回の旅のラストいきます!

台北から桃園まで新幹線で移動し
空港からタクシーで約10分くらいの距離にあるホテルにチェックインしました。
250元ほどの距離でした。

シティースイーツゲートウェイホテル(城市商旅-桃園航空館)

外観を撮り忘れました。
こちらはロビーの写真です。

さっそく部屋に入ってみると…

な、なんじゃこりゃーー!


キ、キングサイズジャマイカ!!!!

広くて喜んでても、
結局端っこの方に貧乏臭く寝るだけどなんだけども。
でも嬉しいね。

フリーのお水、冷蔵庫、使い捨てスリッパあり!


アメニティは全て揃ってます。珍しくコンディショナーもありました。


清潔感のあるバスルームですね。

これで1人約5,000円です。

キングサイズで寝ること約4時間程度。
もう空港にいました。


まだ暗いっつーの!



無事、チェックイン完了!またイエローの席という奇跡起きちゃいました。


朝5時なんでお店は全店クローズ。

台湾元がまだ残っていたのにな~。


仕方ないので、最高にキモいオブジェを見つめて時間を潰す。



寝ぼけているので、バナナバージョンも暫く見ていられる。

お陰様ですぐにフライトの時間になりました。


あっという間の3日間でしたが、ほんと充実しました。

また行き台湾!

(え?ダジャレでしめちゃう?)

はい、〆る!


おわり。



次回の更新は17日00時となります。
え?辞めないのかって?

諸事情で更新します。許してちょんまげ。

台北日記もあと残すところ2記事。
こちらは最後から2番目のマグネットです。

普悠瑪列車のもの。
ぷゆまれっしゅって読むんだって。
きゃりーぱみゅぱみゅみたいでちょっとかわいい。
ちなみに、台湾鉄路管理局が運行する特急のことです。

このマグネットの特徴はロープウェイがビヨヨ~ンと浮いてるとこ。

猫空にあるロープウェイのことかしら?
調べてないので不明です。

このマグネットは台北駅構内にある台鉄夢工場で購入。



こちらのおっさんが目印です。

「あ、僕自身も16800元で買えますんで。」


他にも色んなマグネットがありました。
気になる方はチェックしてみてね。


2日目の夜は日本人に人気という明月湯包さんへ。

住所:本店:台北市基隆路二段162-4号、支店:台北市通化街171巷40号
電話番号:本店:(02)2736-7192、支店:(02)2733-8770
営業時間:11:00~14:00、17:00~20:30(両店共通)
休業日:本店:月曜、本店・支店:旧正月から6日間

メニューに日本語の記載もあります。

日本人から圧倒的な人気のあるお店ってことで伺ったのですが、
日本の暦で3連休に行ったのにも関わらず待ち時間0分。


しかも徒歩1分のところに支店もあって
そっちなんて空席がいっぱいでした。
確かにお客さんは日本人しか居なかったけど
本当に人気なのかな?ってちょっと疑った。


毎回やっぱり頼んでしまう空芯菜の炒めもの。



羽付き餃子


しらす炒飯


そして小籠包。

感想は…。
炒飯は冠京華の方が美味しかった。
羽根付き餃子は盛園の方がまちがいなくうまい!

盛園はぱみゅぱみゅのとこね!


小籠包は、かなりあっさりしていて日本人には好きかも。
空芯菜は特別感はありませんでした。

総合評価は、冠京華の方が好きかな。
でもほんとに、こればっかりは好みの問題かと思います。


実はここで別のホテルにチェックイン。
スクートは朝6時くらいのフライトなので
桃園空港近くのホテルを予約したのです。


台北駅から新幹線で桃園に向かいます。

バスだと40分~1時間かかるところ、
新幹線だとたったの20分。

しかもびっくり価格の600円程度。

バスと変わらないやんけーーーー!!!


ちなみに出発時刻のギリギリまでホームには上がれません。

降りる方々優先になります。


そしていよいよ乗り込みます。


日本の新幹線を導入してるんだって。

たしかに見覚えのある感じ。


20分というあっという間の時間で桃園に到着しました。

めちゃくちゃ楽だったな~。次回も新幹線を利用したいと思います。


この後、ホテルにチェックインです。


本日のマグネットは足つぼマグネット。
 
ひゃっ!かわええ。www
台北駅で購入できます。


淡水の続き。

淡水ではご飯も食べず、マグネットと同じくマッサージを。
 
僕は彼女のクビにそっと手をかけ、力の限りそのクビを絞めたのであった。

淡水マッサージ殺人事件。
 
ピースはダイイング・メッセージ!

な~んて冗談はほどほどにしておいて、
とにかく肩を重点的に施術して頂きました。

この方、ツボを見つける天才なのは良いけど、
力がとにかく強くて
私は痛みで顔をゆがめながら悶えておりました。
「弱くして」って一言いえばいい話なのに、
私はいっつもそれが言えません。ひたすら耐えるタイプ。

こりゃ絶対もみ返しがくるだろうな・・・と思ってたけど
意外にもありませんでした。
この人、実はすっげーうまかったのかも。

淡水から台北に戻り、続けざまにマッサージへ行っちゃいました。
 

今度は足つぼだぞっ!
もっと痛いぞっ!
今回は痛かったら絶対痛いって言うぞ!

息せき切って入店したのは良いけど、
またひどく痛い施術を受けちゃいまして。。。

向いてないのかもしれません。
今度からは大人しくスパに行こう。

ちなみに旦那は最高に気持ち良かったそうです。
 
うーん。でも2か所共、もみ返しもなく次の日は少々体が軽くなってたかな。。。
私のコリ具合が問題だったのだろうか…。

施術直後はマッサージをやってもらったとは思えないくらいにぐったりで
身体を引きずり行った華山1914
 

日本統治時代の酒工場の跡地です。

 クリエイティブアート空間に生まれかわりめちゃめちゃオシャレでした。 

 
タレントだかモデルだかがここで撮影してました。
そりゃーするよね。私も撮影に使いたいもん!

ショップの中も相当いけてたな。(入ってないけど)
 
洗練されたオシャレスポット。
こういうの、日本人の方が得意だったはずなのに
追い越されちゃった感。

あーでもこういうチープな文化もちゃんと残っておりました。
 

うひひひ。


なんだろ、これ。
鍋?

台湾は淡水のマグネットです。
 

これ↓と比べるとめちゃくちゃかわいい。


やっぱり船のマグネットはいらなかったなー。失敗。
でもマグネットも一期一会だから仕方ないと思っている。

淡水2個のマグネットは、超立体的です。
 
 

ちゃんとマグネットもついとるよ。
 

2日目。ランチを2回も食べてお腹いっぱいになったところで、既出通り淡水へ。
写真がたくさんあるので、ここからは小さいサイズに致します。

中正記念堂駅。
 

淡水へは電車で約40分の旅。


単行本を読んでいたらあっという間に到着。
 
ガイドブックで淡水を知って、今回行ってみようということになったのだけど
ほとんど情報がない中だったのであんまり期待してなかった。

めちゃくちゃお店があるのですね。
 

この日の淡水はあいにくの雨でした。
景色は最悪。
 

九分っぽいところだなーという感想です。
 

夜市にあるようなお店が並んでました。
 

ここにも子供だましのゲームコーナーとか。
 

怪しい食べ物とか。
 

淡水はイカが有名だそうです。
試食してみたけど、中々新鮮でおいしかったですよー。



ランチを食べすぎて何1つ食べられなかったけど、
次回はこちらでご飯を食べたいです。
 

あと名物はロングなアイスクリーム。

この日は寒かったので華麗にスルー。


ちなみにマグネットは宝庫でした。

あるわあるわ!
でるわでるわ!

マグネットを集めてる方は絶対淡水に行くべきです。


で、昨日紹介した嫌いな方の淡水マグネット。


このマグネットを紹介するために無理やり撮影した写真。ww
 

どーなの?これ。。。
ねー橋はどこ?
(雨で面倒くさくなって橋まで行かなかった)

大人なんだから、もっとちゃんとする。

本日の台湾マグネットはこちら。
 
ネタばらししちゃうと、このランチの後に淡水に向かったので
こちらのマグネットとなっております。

淡水にマグネットがあるとは思ってなくて台北で見つけて速攻買っちゃった。
今思うと、このマグネット、全然いらなかった


さて、どーも僕です。
 

台北駅にあったんだっけな。
こんなの置いたら、あかんぼ泣くよ。


さっき盛園に行ってオーダーしたのはたったの2品。
 
一番下のはビールだから、ご飯は2品ってことね。

「このご夫婦、随分小食ね・・・」
って思ったかな?

なワケ、ございません。

この後、〆に金峰魯肉飯を頂くために8分目にしただけです。ww

 
住所:台北市羅斯福路一段10號之2
アクセス:MRT中正紀念堂駅2番出口から徒歩約3分
電話:02-2396-0808
営業時間:8:00-AM1:00(第2、3日曜は20:30まで)
定休日:正月、清明節、端午節、雙十節

前回、支店は行ったことあったのですが、やっぱり本店の方が絶対美味しいはず・・・とスケジュールに組み込みました。


本店、やっぱり汚くてパンチある!
 

店内。
 
相席は当たりまえ。空きができたら、とにかく詰め込まれます。

この看板だけ見るとアジアのフルーツジュース屋さんっぽいね。


行列に並んでいる最中、あんまり暇で写真ばっかり撮ってた。
 


そして魯肉飯がやってきました。
 

今回は汁なしビーフン【乾米粉】も注文。


両方とも美味しかった~♪
やっぱり支店より本店の方がいいに決まってる。

  本日のマグネットはこちら。
 
台北にある総統府のマグネットです。

ちらっと外観だけ見たのですが、
ガイドブックには「外観も館内も撮影禁止」って書いてあったので
おとなしくマグネットだけ購入!
 

実はこのマグネット。

真ん中だけ長細くなってるじゃないですか!?

私、このマグネットを手に取る時、
お店でもう1個のマグネットを床に落っことして、
この細い部分を割っちゃってたみたいなんですね
箱に入っていたので、破損には全く気づかずに
そのまま棚に戻したんです。

そしたら購入時、レジ担当スタッフがキャッシャーから離れて
その壊れた商品をわざわざ取りに行き
私の顔の目の前に商品を見せつけて
「It's broken!!(壊れてるじゃないの!!)」と一言。

落とした時に割れたことに気付いていなかったし
もはや、落としたことも忘れていたので、私は
「へ?」
と不思議顔。
そのスタッフかなりむっとしておりました。

私は「感じわるっ!ってか、何?」
ってイライラした数秒後、
「あ!私が壊したんじゃないか!!」
と思い出したのでした。

あーーごめんなさい。
本当にごめんなさい。
ここに懺悔するのでお許しを。

その時のスタッフの態度にイラっとした感情と
壊したことへの罪悪感と
なんだか複雑にいろんな思いが入り混じっちゃって
このマグネットを見るたびに、ちょっと胸がピリっとします。
さっさと箱にしまうことにしよう。

って序章が長くなってもーた。
2日目のランチからでしたね。

待望の餃子を食べに盛園絲瓜小湯包さんへ。
 
きゃりーぱみゅぱみゅが表紙のananの撮影はこのお店でした。
ananを持ってご機嫌に写真撮影している私。w

住所:台北市杭州南路二段25巷1號
電話番号:(02)2397-3522
営業時間:11:30~14:30、16:30~21:30
休業日:年中無休

 

この日も大行列でお店は満員でした。


ヘチマの小龍包が有名なのに私は餃子をチョイス!
 
三鮮鍋貼ってやつです。

ここ10数年で一番美味しい餃子。
 

今回、これを食べに来たと言っても過言ではありません。
別カットもお楽しみください。
 
うーん。相変わらず美味しかった~。

あと、お初に特製山東焼鶏。
 
めちゃくちゃジューシーなチキンに
色んな香草がいっぱい入ったタレがかかってました。

美味しかった~♪ぶっちゃけ、ヘチマ小龍包よりオススメです。

そしてぱみゅぱみゅが撮ったであろう角度からパチリ。
 

帰国後に気付いたんだけど、なんか違くね?
 

ほんとにこの店なのか・・・?
と疑った矢先・・・

あ・・・。
あ・・・。

ぎゃふん!意外にも表のこの場所でした。
 
まさかの外で撮影してたとは。。。

ガーン。この場所で自分の写ってる入ってる写真、撮ってねーし。

なんでいつも
こう・・・

私ってば、詰めが甘いんだろうか


この写真、モザイクの向こう側はめっちゃ笑顔だっつーの!

台湾2日目。
まずはマグネットから。
 
中正紀念堂のものです。ちゃんと門まであって素敵ですね。

こんな厚みがあります。
 


それから、立て掛けられるようにもなってるっていう。w
 
ちっちゃなイーゼルが付属しています。


2日目の朝、ホテルの不味い食事を終えて早速観光です。
 
中正紀念堂へ向かいます。こちらはその手前にある門です。

住所:台北市中山南路21號
アクセス:MRT中正紀念堂駅すぐ
電話:02-2343-1100
参観時間:9:00~18:00  休館日:なし
入場料:無料

「うわ~。こんな立派な門、見た覚えがないね~」
 
「きっと前回は違う入口から入ったんじゃない?」

なんて会話をしてたけど、
あとからアルバム見たら、この門の前でばっちり写真撮ってました。
老化の始まり!?
ま、もう1回感動できて良かったけど。


ちなみに「中正」とは蒋介石のことを指していて彼の銅像が中正紀念堂の中にあります。

もう1回ちゃんと見たけど、中々かわいい建物でした。

こちらの階段を上ります。
 
こちらの階段、89段あって蒋介石の亡くなった年齢なんだってさ。

階段を登りきると、蒋介石の銅像があります。
 
128歳!!!!
毎年替えるの?この看板。それとも[8]のところをこすって[9]にするの?
ってか、そんなこと、どうでもいいか。


んで、ここの目玉が衛兵交代儀式。

毎日、午前10時から午後4時まで、1時間毎に行われてます。
 

全員の息がそろっていて圧巻です。
 

もう何年も観光しに来てなかったけど、中々楽しめましたよ。
何よりタダってのが嬉しい。w


んでもって、旦那がまた変な置物を購入!
 
 衛兵の置物。

・・・。

ノーコメント。

今日のマグネットはタイトル通り、ナイトマーケットのものです。
 

ちょっとこのキャラがポップすぎるけど
夜市のマグネットは珍しいのでゲット~!

今回行った夜市は、寧夏路夜市。
泊まっているホテルから徒歩圏内だったので初めて行ってみました。

 
この小坊主が、いつまでたっても看板の前からどいてくれなかった
お前の写真撮影は終わったであろう。どいておくれよ、小坊主。

■寧夏路夜市(ニンシャールゥイェスー)
住所:台北市寧夏路
アクセス:MRT中山駅徒歩約10分
営業時間:18:00頃~

入口近辺には夜市名物のゲームコーナーが。
 

なんか、すっげー昭和な絵。 

キャラクターはほぼMade in Japanですね。


アジアっぽい看板たち。



屋台でも全然食べられるんだけど、やっぱり抵抗があるのは事実。
こういう店舗をついつい見てしまう。
 
でもこれじゃー、夜市の醍醐味はないかー。

こちらが屋台。



地元の方々に人気のナイトマーケットなのだそうです。
 

串系。美味しそうなんだけど、やっぱりちょっと無理~!
 
 
あれ?もっと色んなお店があったのに、これしか写真がなかったわ。
もう1枚あったけど、これも串系。汗


夕飯をがっつきすぎたせいで、
実はこの夜市ではな~んに食べられなかったのです。
10分くらい、フラフラと歩いただけです。

大腸包小腸は絶対食べたかったのにな~。
次回に期待。

この日は、セブンイレブンに寄ってお茶やらお酒を購入して
ホテルに戻りました。

そういえば、セブンイレブンでこんなの売ってたよ。
 
パパブブレとセブンイレブンのコラボ。
こんなの日本にもあるのかな~?

↑このページのトップヘ